分散投資

バイナリーオプションの分散投資による戦略

投資ではリスク管理方法の一つとして知られている「分散投資」ですが、バイナリーオプションでも分散投資を利用することによって、より安定した資金運用が可能となります。

バイナリーオプションで分散投資を行い、リスク管理することで勝率を上げる方法について説明していきます。

分散投資とは

分散投資とは投資におけるリスクコントロール方法の一つです。
投資の対象、時間、種類を分けて投資することでリスクを分散させることが目的です。

一つのオプションのみに投資金をかけてしまうとリスクが高まるので、その様なリスクを抑えるために用いられます。
分散投資には「資対象を分散させる方法」「取引時間を分散させる方法」「投資種類を分散させる方法」などがあり、金融商品の特性や各人の投資スタイルによっても適している方法が変わってきます。

バイナリーオプションで分散投資

バイナリーオプションの場合、利益が出るか資金を失うかなので、一箇所で投資金全てをかけることはリスクは高いといえます。
バイナリーオプション取引こそ、分散投資でリスクコントロールをする必要があるのです。

たとえば、複数のチケットを購入してリスクを減らす分散投資を例に挙げて説明する。

  1. 円安方向の目標レートが90.50円 6,000円で購入
  2. 円安方向の目標レートが91.00円 4,000円で購入
  3. 円高方向の目標レートが89.00円 5,000円で購入

ドル/円90.00円、ペイアウト倍率1.8倍の時、上記の様に3つのチケットを計15,000円で購入したとします。
判定時刻にレートが91.50円まで上昇したとすると、1と2が当たったのでペイアウト倍率に合わせて8,000円の利益を獲得することになります。
ここから、予想が外れて損失となった3の5,000円を引いても3,000円の利益が出ることになります。

また、仮に2つの予想を外したとしても、残り1つが当たっていればそれだけ損失を抑えることが出来るわけです。
この様に異なる複数のポジションを保有することで、バイナリーオプションでもリスクコントロールすることが出来るのです。
少ない資金しかない場合は集中投資で良いのですが、ある程度余裕がある場合は分散投資に挑戦してみましょう。