ファンダメンタル分析

ファンダメンタル分析とは、相場が変動する要因となる世界各国の政治経済情勢の情報を活用し、投資する判断材料とすることを意味しています。バイナリーオプションのような為替取引においては、レートが上がるのか下がるのかの推移を判断する材料として重要です。政治経済情勢の情報として代表的なものは「重要人物の発言」や「政治・経済指標のニュース」等があります。

また、ファンダメンタル(fundamental)という言葉自体には「基礎」という意味があり、経済の基礎を表す情報が分析の要であることは間違いありません。テクニカル分析がチャート上の動きから投資方向を決定することに対し、ファンダメンタル分析ではチャート以外の情報を用いるという違いがあります。

さらに、ファンダメンタル分析で経済指標の結果を用いたものは、過去のデータと現在のデータを比較した結果が重視されます。

バイナリーオプションとファンダメンタル

バイナリーオプション取引でファンダメンタル分析の攻略を行う際の判断材料して、先述した2つのもの(重要人物の発言・政治・経済指針のニュース)があります。

記憶に新しいところでは、重要人物の発言として「アベノミクス」や政治・経済指針のニュースとして「アメリカの大統領選挙」が挙げられます。

ファンダメンタル分析は判断材料として非常に重要で、この情報だけでも相場の方向性が決まることがあります。現に雨ノミクスやアメリカの大統領選挙は相場に大きな影響を及ぼしました。
バイナリーオプションは比較的短期間の取引であることから、あまり関係が無いのでは?という方もいらっしゃいます。
しかし、相場が大きく動くということは、投資家にとってはチャンスでもあるのです。また同時に危険を避ける事にも繋がります。

イナリーオプションは、ファンダメンタル分析だけでなくテクニカル分析の併用が必須ではありますが、活用することでより利益を増やす攻略が可能になります。